テキストファイルの行数や単語数を調べるには、wcコマンドを使用する。

調査対象のファイル名をオプションなしで指定すると、そのファイルの行数、単語数(空白区切り)、ファイルサイズ(byte数)が表示される。

11(行数)、31(単語数)、201(ファイルサイズ)

wcコマンドの主なオプションは、以下の通り。

オプション機能
-l行数を表示する
-w単語数(空白区切り)を表示する
-cファイルサイズ(byte数)を表示する

wcを使うと、標準出力に表示された行数を数えることもできる。

例えば、ディレクトリに含まれるファイルを検索するfindコマンドと組み合わせれば、あるディレクトリに存在するファイル数をサブディレクトリも含めてカウントできる。

なお、ファイル数だけを調べたいときは、以下のように-type fオプション を付ける。