Bashの特殊な変数について。

変数説明
$@スクリプトの引数配列
$数値スクリプトの引数
$!直前に実行したプロセスのID

 

$@

$@は、スクリプトの引数の配列を示す。

各引数は空白で連結されている。

以下は、引数をそのまま出力するサンプル。

実行結果。

 

$数値

$数値は、スクリプトの引数の1つを示す。

どの引数を指定するかは、数値で指定する。

$0は、スクリプトの実行パスを示す。

以下は、$0から$3までを出力するだけのサンプル。

実行結果。

引数は2つなので、$3は空白になっている。

 

$!

$!は、直前に実行したプロセスのプロセスIDが格納されている。

例えば、以下のようにすると、JavaプログラムのプロセスIDを出力できる。

プロセスIDを取得できると後々、killすることも可能。