リダイレクトを使うと、コマンドの処理結果を、ファイルに書き込むことができる。

‘>’の使用方法。

‘>’は、ファイルの内容を上書きする。

ファイルの中身を確認。

尚、’>’は標準出力のみをリダイレクトする。

エラー出力も一緒にリダイレクトしたい場合は、以下の通り。

エラー出力のみをリダイレクトしたい場合は、以下の通り。

‘>>’の使用方法。

‘>>’は、’>’と違い、ファイルに「追記」する。

ファイルの中身を確認。