Bashにおけるcase文の使い方。

各処理の最後にはセミコロン(;)が2つ必要。ただし、最後の処理の場合は不要。

バーティカルバー(|)を利用して、複数の条件を指定可能。

アスタリスクを利用して、どんな値でもヒットさせることが可能。

文字列をダブルクォーテーション(“)で囲んでも囲まなくても、結果は同じ。

引数が無い場合も処理される。

以下、サンプル。最初の引数($1)をcase文の変数としている。

実行結果。