iPhoneの引越し(新しいiPhoneへデータや設定を引き継ぐ)

機種変更やMNPなどで今まで使っていたiPhoneから新しいiPhoneへデータや設定を引き継ぐ方法は、iTunes経由とiCloud経由がある。

尚、LINEアカウントを移行する場合には事前に[メールアドレス登録]、または[Facebook連携]をしておく必要がある。

また、MNPの場合はキャリアメールの再設定が必要になる。

 

iTunesを利用する方法

全ての情報を引き継ぎたい場合、素早く移行を済ませたい場合はiCloud経由ではなくiTunes経由で移行を行う。(元のiPhoneにもデータは残る)

バックアップの取得

移行元のiPhoneをPCに接続し、iTunesを起動する。

iTunesで[バックアップ]⇒[自動的にバックアップ]項目が[このコンピュータ]の設定になっていれば、パソコンにiPhoneの完全なバックアップが保存されている。(念のため「最新のバックアップ」の日時を確認しておく)

[自動的にバックアップ]項目が[iCloud]となっている場合は、手動でバックアップの取得を行う。

尚、不要なアプリを削除するなどデータを少なくしておくと、より短い時間で移行が完了する。

また、[iPhoneのバックアップを暗号化]にチェックを入れておくとIDやパスワード等も含めて保存される為、移行がよりスムーズになる。(チェックを入れるとパスワードの設定を促されるのでそれに従う)

バックアップの復元

バックアップの復元を行うには、「iPhoneを探す」をオフにする必要がある。

「iPhoneを探す」がオンになっている場合は、iPhoneの「設定」⇒「iCloud」⇒「iPhoneを探す」をオフにする。

新しいiPhoneをバックアップを取得したPCに接続する。

iTunesで[新しいiPhoneへようこそ]画面が表示される。

復元したいiPhoneのデータを選択し、次へ。([iPhoneのバックアップを暗号化]にチェックを入れている場合は、パスワードを求められるので入力する)

あとはデータ量に応じて数分〜数十分ほど待つ。

アプリが自動的にダウンロードされる。

尚、[iPhoneのバックアップを暗号化]にチェックを入れていればアカウント設定やID・パスワードの入力は不要となる。

 

iCloudを利用する方法

PC無しで手軽に移行したい場合は、iCloud経由で移行を行う。

ただし、移行時間は大幅に長くなる。

また、iCloudバックアップを使うにはWi-Fi環境が必須であること、バックアップに必要なデータ量がiCloudの無料枠(5GB)に収まらない可能性がある(有料の追加容量を購入する、またはデータ量を削減すればOK)ことといった注意点がある。

バックアップの取得

移行元のiPhoneで[設定]⇒[iCloud]⇒[バックアップ]を選択し、[前回のバックアップ]が直近の日付となっていることを確認する。

バックアップがされていない場合は、[iCloudバックアップ]がONになっていることを確認し、[今すぐバックアップを作成]を選択してバックアップを取得する。

尚、バックアップを作成するには、Wi-Fiに接続している必要がある。

また、データ量が多すぎてバックアップができない場合はカメラロールをバックアップ対象から外すことでほぼ対応できる。

写真や動画については、PCやクラウドストレージ等に別途バックアップを取得しておく。

バックアップの復元

新しいiPhoneを工場出荷状態で起動する。

工場出荷状態に戻すには、[設定]⇒[一般]⇒[リセット]⇒[すべてのコンテンツと設定を消去]を実行する。

[言語と地域の選択]⇒[キーボードの選択]⇒[Wi-Fiネットワークの選択とパスワードの入力]⇒[位置情報サービスの選択]と進み、[iphoneを設定]で[iCloudバックアップから復元]を選択する。

iCloudにサインインし、利用規約に同意し、「バックアップの取得」で作成したバックアップを選択すれば復元が開始される。

あとはデータ量に応じて数分〜数時間ほど待つ。

アプリが自動的にダウンロードされる。

再起動したら、初期設定を済ませて完了。

 

iOSのメッセージアプリから写真を手軽に送信する

iOSのメッセージアプリは、SMS/MMSというキャリアメールに加え、AppleIDを持つユーザ同士の無償メッセージサービス「iMessage」に対応している。
※SMS/MMSとiMessageを区別するには、吹き出しの色を確認する。(SMS/MMSは緑、iMessageは青)

このメッセージアプリには、手軽に写真/動画を添付する機能が用意されている。

ただし、iMessageでやり取りしている場合に限り利用できる。

利用方法は、テキスト入力欄の左横にあるカメラボタンを1秒ほど長押しする。(軽くタップすると、従来通りカメラロールからの選択またはカメラアプリに切り替えての作業となる)

すると扇形の領域が現れるので、カメラボタンで静止画を、赤丸ボタンで動画の撮影を開始できる。

また、画面右上の回転するカメラボタンをタップすれば、フロントカメラ/背面カメラの切り替えが可能。

尚、この方法を利用すると確認無く即時に送信される為、注意が必要。

 

iOS標準のメールアプリで削除、開封/未開封の処理を素早く行う

iOS8でメールを開封せずに削除、開封/未開封の変更を行う方法。

iOS8のメールアプリでは、一覧で不要なメールを削除する際、そのメールを左方向へ(左利き設定の場合は右方向へ)フリックする。

赤い「ゴミ箱」ボタンが現れるので、それをタップすればゴミ箱へ移動できる。

さらに、フリックではなくそのまま左方向へ(左利き設定の場合は右方向へ)スワイプを行うと確認なしにそのままゴミ箱へ移動される。

また開封/未開封の処理も同様に、フリックではなく右方向へ(左利き設定の場合は左方向へ)スワイプすると、そのメールの開封/未開封ステータスが変更される。

iPhoneで電池残量のパーセント(%)表示を追加する

iPhone(iOS8)でバッテリー残量のパーセント(%)表示を追加する方法。

  1. 設定>一般>使用状況を選択
  2. “バッテリー残量(%)”をオンに変更

すると、画面右上のバッテリーアイコンの隣に残量が%で表示される。

※iOS9以降は設定>バッテリーに”バッテリー残量(%)”が移動した

 

iPhoneのロック画面から素早くカメラを起動する

iPhoneのカメラですぐに撮影したい場合、ロックを解除→カメラアプリを起動となると、ちょっと時間がかかる。

そんなときに役立つ、瞬時にカメラが使える方法。

iOS8では、画面オフの状態からホームボタン、または電源ボタンを押すとロック解除画面(“時計”の表示)が表示される。

そのままの画面で右下のカメラマークをタップしたまま上にスライドすると画面が切り替わった瞬間にカメラが起動する。

ちょっとした差ではあるが、普通のやり方よりも早くカメラを起動できるので、シャッターチャンスを逃さない。

※iOS10以降はロック解除画面で左にフリックすることでカメラを起動できる