Windows10にアップグレード後、アップグレード前から利用していたアプリがにじんだり、ぼやけたりして表示されことがあるが、設定変更により簡単に解消できる可能性がある。

 

【アプリの表示がぼやけるのはスケーリングによるもの】

Windows10で高画素密度(高DPI)のディスプレイを使用していて「設定>システム>ディスプレイ>テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」の設定値が100%以外(例えば125%)になっている場合、アプリを表示したときににじんだり、ぼやけたりして表示されてしまうことがある。

これはアプリが高画素密度のディスプレイ表示に対応していない為にOSの機能により拡大表示されているのが原因である。

「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」の設定値を100%に変更することでにじみ・ぼやけを解消することができるが、例えば125%から100%に変更すると文字表示がかなり小さくなってしまう。

 

【スケーリング設定でぼやけた表示を解消する】

「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」の設定値が100%以外の状態でぼやけた表示を解消するには、アプリの互換性設定を変更する。

  1. アプリのショートカット上で右クリックして、コンテキストメニューから[プロパティ]を選択
  2. プロパティの中にある互換性タブを選択
  3. 互換性タブにある[設定]の[高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする]にチェックを入れる
  4. [適用]、または[OK]ボタンをクリック

これで、今までぼやけていたアプリがくっきりと表示される。