Oracleでは、他のデータベースにアクセスする手段としてデータベースリンクがある。
データベースリンクを利用することで、他のデータベース上のテーブルに対してデータの操作を行うことができる。

 

【データベースリンクの作成】
以下のコマンドを実行することでデータベースリンクの作成ができる。
※接続先Oracleの接続名(ネットサービス名)は、”‘”(シングルクォーテーション)で囲う必要がある。

尚、以下のSELECT文にてデータベースリンクの存在を確認できる。

 

【データベースリンク先のテーブルの指定】
“テーブル名@データベースリンク名”で対象テーブルにアクセスすることができる。

 

【シノニムを作成して簡潔にテーブルを指定】
シノニムを作成することで、通常のテーブルと同じように扱うことができる。

FROM句にシノニム名を指定することで、データベースリンク先のテーブルを参照できる。

 

【シノニムの削除】
以下のコマンドでシノニムを削除できる。

 

【データベースリンクの削除】
以下のコマンドでデータベースリンクを削除できる。