JavaScriptでゼロパディング(前0埋め)を行うには、sliceを利用すると簡単に実現できる。

【サンプル】

例えば、2桁に合わせる場合は、以下のようにする。

  • “‘0’ + num”で元の値の左に”0″を付加する。(元の値が”3″であれば”03″となる)
  • “slice(-2)”で右から2文字を切り出す。(”03″を右から2文字切り出すと”03″となる)

元の値が”12″の場合、”0″を付加して”012″となり右から2文字切り出して結果は、”12″となる。

3桁、4桁も同様に”’00’ + num.slice(-3)”や”‘000’ + num.slice(-4)”とすればよい。