VBScriptでは、[WScript.Arguments]を利用することでコマンドラインの情報を取得できる。

 

【引数の数を取得】
VBScriptのコマンドライン引数の数を取得するには、[WScript.Arguments.Count]を利用する。
※[WScript.Quit()]でVBScriptで処理終了
引数を必須とする場合、以下のコードで実現できる。

引数を1つに指定する場合、以下のコードで実現できる。

 

【引数の値を取得】
[WScript.Arguments]は配列構造となっている為、添字を指定することで、任意の引数を取得することができる。

 

【全ての引数の値を取得】
ループを利用して、指定された全ての引数を取得することができる。