MongoDBを強制終了した場合、再度起動することが出来なくなることがある。

これは、正常に終了処理を行わなかった場合にmongod.lokというファイルが残り、起動が出来なくなる仕様によるもの。

repairコマンドを実行することで、上記の状態を解消することができる。

尚、lockファイルはrepairコマンドを実行することで削除される。

※削除されない場合は、手動で削除

 

【repairコマンド実行】

以下のようにrepairコマンドを実行する。

※dbpathはデータベースがある場所

 

【MongoDB再起動】

改めてMongoDBを起動する。