Windows10では、スタートボタンの横に検索ボックスが表示される。

タスクバー上に配置された検索ボックスにキーワードを入力すると、PC内のアプリやファイル、Web上のページまでを一度に横断検索することができる。

しかし、タスクバー上のスペースを大きく取る為、窮屈に感じる場合は検索ボックスをアイコン化、または非表示にすることもできる。

 

【検索ボックスをアイコン化する】

アイコン化にするには、タスクバー上の空いている場所で右クリックし、[検索]→[検索アイコンを表示]を選択する。

検索アイコンをクリックすればすぐに入力モードになる為、検索ボックスと操作性は変わらない。

 

【検索ボックスを非表示にする】

非表示にするには、タスクバー上の空いている場所で右クリックし、[検索]→[表示しない]を選択する。

検索ボックス利用時より操作が増えるが、スタートニューを表示した状態でキーボード入力を開始すれば、検索が可能。