Accessのクエリでゼロパディング(前0埋め)を行う場合は、Format関数を利用する。

上記の例は、列の内容が”1″の場合に”001″の結果が得られる。