ButtonBaseクラスのClickModeプロパティを設定することで、Clickイベントが発生するタイミングを「Release」(=ボタンを押して離したとき)、「Press」(=ボタンを押したとき)、「Hover」(=ボタンの上にマウス・カーソルを載せたとき)の3つの中から選べる。

また、Buttonクラスでは、IsDefaultプロパティに「true」を設定することで、デフォルトボタン(=WindowsフォームでのAcceptButton。[Enter]キーを押したときにClickイベントが発生する)に、IsCancelプロパティに「true」を設定することでキャンセルボタン(=同、CancelButton。[Escape]キーを押したときにClickイベントが発生する)にすることができる。

ToggleButtonクラス(System.Windows.Controls.Primitives名前空間)は、オン/オフの2つの状態を表すクラスであるが、IsThreeStateプロパティがtrueの場合、オン/オフ/未設定の3つの状態(=IsCheckedプロパティがfalseのときとnullのときで異なる表示が行われる)を表すことも可能である。