<TextBox>要素および<RichTextBox>要素では、テキストボックス内で選択されている文字列に関する情報を、SelectionStartプロパティ、SelectionLengthプロパティ、および、SelectedTextプロパティを通して取得できる。

尚、AutoWordSelectionプロパティに「true」を設定することで、マウスでドラッグした際に単語単位で文字列選択されるよう、選択範囲が自動調整されるようになる。

<TextBox>要素内で複数行のテキストを表示したい場合には、TextWrappingプロパティに「Wrap」を設定する。

複数行テキストを表示する際、MinLinesプロパティおよびMaxLinesプロパティを設定しておくと、実際の行数が変わる場合にも表示上のサイズを固定することができる。

また、[Enter]キーで改行を入力したい場合には、AcceptsReturnプロパティに「true」を設定する。

その他、WPFにはスペルチェック機能があり、<TextBox>要素や<RichTextBox>要素のSpellCheck.IsEnabled添付プロパティに「true」を設定することで、スペルチェックが働くようになる。