DISTINCT句によって検索結果がユニークになることを利用し、結果を別テーブルにコピーして戻す。

※制約(プライマリキー制約、 非NULL制約など)やデフォルト値などの設定は、自動的にコピーされないので適宜再設定する。