Siriを呼び出す方法が、iOS8で変更された。

iOS7までは、耳もとにiPhoneをあてるだけでSiriに命令できるようになる機能(「耳にあてて話す」スイッチ)が用意されていたが、iOS8で消えた。

その代わり、iPhoneが電源に接続されているとき「ヘイ、シリ」と呼びかけるとSiriを起動できる機能(「”Hey Siri”を許可」スイッチ)が追加されている。

一長一短あるが、車を運転しているときなど手を離せない状況で使いやすくなった。

この「ヘイ、シリ」を利用したSiriの呼び出しは、利用する状況を選ぶ。

声でSiriを呼び出せるのは便利だが、命令に対するリアクションを必ずSiriが読み上げるため(音声フィードバックを無効化できない)、周囲の目があるときは利用しにくい。
「耳にあてて話す」スイッチがないiOS8は、ボタンを長押ししてSiriを呼び出すと音声フィードバックがある。

この点は、「ヘイ、シリ」のときと変わらないが、それは初期設定の場合の話だ。

設定を変更することで、スピーカーから音声フィードバックを聞こえなくすることはできる。

手順は、「設定」→「一般」→「Siri」→「音声フィードバック」の順に画面を開き、「ハンズフリーのみ」にチェックを入れればいい。

これで、Siriに命令したときの音声フィードバックはなくなり、静かにSiriの回答を確認することができる。

ただし、ヘッドホンやBluetoothヘッドセットを接続しているときには、そこから音声フィードバックが聞こえるので注意が必要。

「ハンズフリーのみ」にチェックするとiPhone内蔵スピーカーは使われなくなるが、Siriの音声そのものが無効化されるわけではないからだ。