EclipseのJava(Servlet)開発環境構築の手順は大きく分けて2つ。

「Pleiades All in Oneパッケージ」(Windowsのみ)を使用する方法と必要なソフトウェアを個別にインストールする方法がある。

今回は、「Pleiades All in Oneパッケージ」を利用した環境構築手順。

「Pleiades All in Oneパッケージ」は、日本語化プラグインやJDK、Tomcatなど必要なものは同梱されており、解凍すればそのまま使用することができる。

なお、今回の環境は以下の通り。

Windows 7 Home Premium SP1(64bit)

Eclipse 4.4 Luna

JDK-7u15

Apache Tomcat 7.0.59

 

Pleiades All in Oneパッケージのダウンロード

Pleiades公式サイトから目的のバージョンを選択し、ダウンロードする。

Javaの「Full Edition」を選択すると、JDK、Tomcatが同梱されている。

ダウンロードしたZIPファイルを適当なディレクトリに解凍する。

今回は「C:\Pleiades」に解凍した。

 

JDKの環境変数Path設定

対象バージョンのJavaのbinディレクトリ「C:\Pleiades\java\7\bin」を環境変数Pathに設定する。

 

EclipseでJDKの設定

「C:\Pleiades\eclipse\eclipse.exe」を実行し、Eclipseを起動する。

起動時Eclipseで作成したファイルを保存する場所(workspace)を聞かれるが変更しない場合は、デフォルトのままでOK。

起動時何度も聞かれたくない場合は、「この選択をデフォルトとして使用し…」にチェックを入れておく。

メニューバーの「ウィンドウ」⇒「設定」を開く。

左側の一覧から「Java」⇒「インストール済みのJRE」を開き、以下の設定を行う。

インストール済みのJRE…ロケーション「C:\Pleiades\java\7」の「java7」にチェック

 

EclipseでTomcatの設定

メニューバーの「ウィンドウ」⇒「設定」を開く。

左側の一覧から「Tomcat」を開き、以下の設定を行う。

Tomcatバージョン…「バージョン 7.x」を選択

Tomcatホーム…「C:\Pleiades\tomcat\7.0」を設定

左側の一覧から「Tomcat」⇒「JVM設定」を開き、以下の設定を行う。

JRE…「java7」を選択

 

パースペクティブを開く

最後に、パースペクティブが初期状態では「Java」になっているので、「Java EE」を開く。

メニューバーの「ウィンドウ」⇒「パースペクティブを開く」⇒「その他」で「パースペクティブを開く」を開く。

一覧から「Java EE」を開く。

すると、ツールバー上にTomcatプラグインの「Tomcat起動、停止、再起動」のアイコンが表示される。

 

Tomcatの起動

「Tomcat起動」のアイコンをクリックすると、Tomcatが起動される。

コンソールビューが開き、「Server start up in #### ms」(####は状況によって違う)と表示されれば、EclipseからTomcatの起動が成功。

ブラウザで「http://localhost:8080/」に接続するとTomcatにアクセス出来る。