コマンドプロンプトでは、[Ctrl]キーと[C]キーの組み合わせは機能しない。

しかし、Windows の16 ビットサブシステムで提供されている「CLIP」機能を使用して、コマンドの出力をキャプチャーして、クリップボードに保存できる。

この機能は、どのコマンドにも対応している。

出力をクリップボードに保存したら、メモ帳などのテキストエディタを起動し、[Ctrl]キーと[V]キーの組み合わせを使用して、クリップボードのコンテンツを読み取って貼り付けることができる。

 

なお、「CLIP」機能はWindows XP では利用できない。

Windows XP で利用する場合は、Windows 7 以降を実行しているPC から「Windows/System 32」ディレクトリに、「CLIP」機能をコピーする必要がある。