Bashにおけるfor文の使い方。

Bashのfor文は、いくつかのパターンがある。

パターン1:変数配列から1つずつ変数を取り出して処理するパターン

変数配列は、空白区切りの文字列でもOK。

デフォルトで空白区切りとなっている。

以下、サンプル。

実行結果。

echoコマンドが3回呼び出され、それぞれaaa、bbb、cccが出力される。

パターン2:Bashの配列を利用するバターン

変数配列の部分に、アットマーク(@)を指定する。

以下、サンプル。

実行結果は、”test_for1.sh”と同じ結果になる。

パターン3:CやJava風の構文

「かっこ」が2つずつ必要な点に注意。

以下、サンプル。

実行結果は、”test_for1.sh”と同じ結果になる。