Office2013のアニメーションを無効化する手順。

特に目に付くのは、Excelのセル移動や数式の再計算時のアニメーションかと。

オプション等で無効化することが困難であることからレジストリを変更する。

※Office 2013がインストールされていない環境では実行しないこと

 

1.アニメーション無効化用.regファイルの作成

テキストエディタを起動し、以下の内容を記述(ファイル名を「office-2013-disable-animations.reg」等として保存)。

2.アニメーション無効化用.regファイルの実行

作成した.regファイルをダブルクリックで実行

 

これで、Office 2013のアニメーションが無効化される。
この設定の変更は、次回のOffice製品の起動時から有効になる。

 

無効化したアニメーションを有効化する場合は以下の通り。

 

1.アニメーション有効化用.regファイルの作成

テキストエディタを起動し、以下の内容を記述(ファイル名を「office-2013-enable-animations.reg」等として保存)。

2.アニメーション有効化用.regファイルの実行

作成した.regファイルをダブルクリックで実行

 

尚、レジストリを手動で変更することでも無効化、有効化を切り替えることが出来る。

regeditを起動して「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\Graphics」に、「DisableAnimations」というDWORD値「1」を追加することで、アニメーションが無効化される。

ちなみに、「Common」まではインストール直後から存在しているが、「Graphics」キーは存在していないので、右クリックからキーを追加して、「Graphics」という名前にする。そして、「Graphics」の中に「DisableAnimations」を作成する。

また、このDWORD値を「0」にしたり、削除すると、アニメーションは再び有効になる。